”美しさ”はどこから来るのか――AMKK / 東信の実験 Launching flowers into space? The adventures of Japanese artist Makoto Azuma.

2002年にオートクチュール的発想の花屋、「JARDINS des FLEURS(ジャルダン・デ・フルール)」をオープンし、注目を浴びた東 信(あずま まこと)。00年代半ばからフラワーアーティストとしても活動を始め、花・植物を用いた表現、アートワークを数多く手掛けていく。その舞台は日本に留まらず、パリ、NY、ミラノ、上海、メキシコの美術館やアートギャラリー、パブリックスペースなどといった、世界各地で大きな反響を呼んできた。

今回紹介したいのは、その東が“実験の場”と呼ぶ、AMKK(東信、花樹研究所)である。

名だたる一流メゾンのイベント、さらにはIAN BROWNのレコードジャケットなど、クライアントワークスの実績には目を見張る。今年の春、FENDIの銀座店にフラワーモチーフと草花でデコレーションされたイタリアの三輪自動車「アペ」が現れて多くの人を驚かせたが、それもまたAMKKの仕事である。華麗なクライアントワークスにも注目だが、ここからはAMKKによるプライベート作品の数々を紹介したい。その作品群は、圧倒的な力強さ、スケール、繊細さで、見るものに迫る。

Ever wondered what a haute couture style florist would look like? Look no further. Japanese floral artist Makoto Azuma’s lavish boutique ‘Jardins des Fleurs’ has been making headlines across the art world, from Paris and New York, to Milan and Shanghai, where Azuma’s works have been exhibited in a variety of public spaces and art galleries.

Azuma also has his own floral research establishment, ‘AMKK’.

It is there that he’s come up with pieces for all the most famous maisons of French fashion, made CD covers for the Stone Roses singer Ian Brown and created décor for the interior of Ginza’s flagship Fendi store (you may have seen it on Japanese social media where it blew up - the old Italian pedal bike blooming with extravagant flowers). Azuma’s A-list client base is enough proof of his talent, but there are also various private pieces created at AMKK that deserve some serious attention.

自分は何に“美”を感じているのかを問われる実験結果たち

A new kind of beauty

例えば、2015年の作品「BOX FLOWERS」。約200種類、およそ6,000本もの切り花を重ねて、箱型にした作品だ。高さ・幅・奥行き1.2メートル、重量にして200kg。この巨大な花の塊を、都内のスタジオに1カ月間、設置した。当然のごとく腐り、枯れ、形は歪み、色は彩度を失っていく。大量の花からはおびただしい量の体液が流れ出た。生と死そのものの過程、その変化も写真に収めたこの作品からは、人は何をもって“美しい”と感じるのかを問いかけられる。

Just check out his 2015 work, ‘Box Flowers’. Using over 200 different types of over 6,000 individual flowers all arranged into cube form, it’s a breathtakingly bold piece of art. The gargantuan structure measured 1.2m on each side and weighed over 200kg. Set on display in the AMKK studio for a month, it began to wither away as flowers do, but instead of viewing this as a fault, Azuma photographed the gradual decay of the flowers to represent the beauty in life and death. The powerful imagery of its rotted form with liquid seeping out from either side sparked a wide range of emotions and reactions across the art scene.

各所で大きな話題を呼んだのが、2014年の作品「EXOBIOTANICA -BOTANICAL SPACE FLIGHT-」だ。米・ネバダ州の砂漠から、盆栽を立方体のフレームに根ごと宙吊りにした東の代表作「式」と数十種の花で構成された花束を成層圏へと打ち上げ、“活けた”作品である。大地に根を張り、重力の配下で生きる植物たちから、根・土・重力、そして生命の繋がりをあえて断ち、そこから生まれる美しさを求めたという。

Another piece that made huge waves was 2014’s ‘Exobiotanica: Botanical Space Flight’. First was ‘Shiki’ - a bonsai tree within a frame that was launched into the stratosphere from the Nevada desert. Then there was ‘Iketa’ - a collection of flowers arranged in a bundle and then photographed again skimming the Earth’s atmosphere. Taking plants that rely on their physical connection to the soil and ripping them as far away from that source as possible was a bittersweet artistic experiment, and that melancholy beauty is captured in a set of stunning photos.

上記2点と相反する色調を持っているのが、今年発表された「Botanical Sculpture “Polypore”」だ。漢方などにも用いられる“サルノコシカケ(樹木の幹に生じる半月状の子実体)”を材料にした、奇妙な造形に、パッと見で引き寄せられる。野性的で珍妙なサルノコシカケのテクスチャと、なまめかしくゴールド、プラチナ、ブロンズに輝く強化プラスチックの組み合わせは、違和感とともにその場を支配するような存在感を立ち上げる。

This year, AMKK is going in a different direction to these previous works, seen in the newly announced piece ‘Botanical Sculpture “Polypore”’. Using polypore bracket fungus - a botanical material usually used in Chinese medicine - Azuma has created a mysterious and grotesque sculpture. The combination of the wild and perculiar polypore with segments of liquescent gold, silver and bronze creates an intimidating presence that’s impossible to explain.

この「Botanical Sculpture “Polypore”」を含む形で、東のエキシビションが3月17日から4月末にかけてニューヨークで開催されたが、ニューヨークタイムズのモード&ライフスタイル誌「T Magazine」でも取り上げられるなど、驚きをもって迎えられた。AMKKのウェブサイトでは、Private Worksのアーカイブがたっぷり掲載されている。今回紹介した3作品以外にも、フラワーアートの“実験結果”は、驚きに満ち溢れたものばかり。東 信、そしてAMKKによる次なる実験、その結果が届くのを待ち遠しく思う。

The sculpture was displayed at Azuma’s New York exhibition in March, where it was met by awe and surprise from the New York Times Lifestyle magazine ‘T Magazine’. You can check out AMKK’s works for yourself on their website archives - there’s a whole magical mystery world of floral art right there.

AMKK

AMKK

AMKK(東信、花樹研究所)とは、フラワーアーティスト東 信の花・植物を題材とした実験的なクリエイションを展開していく集団であり、その活動は、花・植物のみが有しているもっとも神秘的な形を見つけ、それを芸術的レベルに変換し表現する事で、植物の存在価値を高める事に一貫している。

AMKK is Makoto Azuma’s floral research establishment, known across the art world for its botanical creations and flower art projects.

OFFICIAL SITE


東 信Makoto Azuma

1976年生まれ。フラワーアーティスト。2002年より、注文に合わせてデッザンを起こし、花材を仕入れ、花束をつくるオートクチュールの花屋「JARDINS des FLEURS」を銀座に構える(現在は南青山所在)。2005年頃から、こうした花屋としての活動に加え、植物による表現の可能性を追求し、彫刻作品ともいえる造形表現=Botanical Sculptureを開始し、海外から注目を集めはじめる。近年では自然界では存在し得ないような地球上のさまざまなシチュエーションで花を活けるプロジェクトを精力的に展開。独自の視点から植物の美を追求し続けている。

Born in 1976, Makoto Azuma is a Japanese flower artist. He opened his haute couture flower boutique ‘Jardins des Fleurs’ in 2002, and has received wide international acclaim for his floral artwork and botanical sculptures. His work has been displayed in galleries and public spaces across the globe, as well as individual projects for an A-list cliental of high fashion brands and musicians.

OFFICIAL SITE

INSTAGRAM

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN