東京、日本のお土産の新スタンダード!?「ASOBEAMS」 ASOBEAMS:The perfect Japanese souvenir

DESIGN ‒ A:¥ 5,940(税込/including tax)
DESIGN ‒ A:¥ 5,940(税込/including tax)
DESIGN ‒ B:¥ 9,720(税込/including tax)
DESIGN ‒ B:¥ 9,720(税込/including tax)

お土産はもらうと嬉しいものであり、何をあげたらいいのか、常に頭を悩ませるもの。
もらって開けてみると、心の中では「うーん……」と思ってしまうデザインのものが多いのも本音。つまりはその逆もしかり。何気にセンスとアイデンティティーを問われるお土産問題に、明快な答えを与えてくれるプロジェクトが始動する。それが新しい東京の、日本のお土産をつくる「ASOBEAMS(アソビームス)」だ。第一弾として「KENDAMA TOHOKU」がプロデュースするけん玉が登場。「KENDAMA TOHOKU」とは、ビームス創造研究所とヤフー株式会社復興支援室が共同企画で2014年にスタートしたプロジェクトで、けん玉を通して東北のモノづくりの活性化や需要と供給の拡大を目指し、東日本大震災による被災地の復興を支援することを目的としている。しかも職人が一品、一品手作りでお送りする「山形工房」製の逸品であり、トレンドと日本発信のカルチャーがうまい具合にミックスされたラインナップとなっている。

Everybody knows there’s nothing better than receiving a great gift…but that’s exactly why it’s so hard to pick when buying for somebody else. The pressure to make sure you won’t be known as “the guy who buys lousy presents” is a legit first world problem. That’s why some clever folks in Japan have come up with a project that ensures perfect taste and style in your gift choice.
‘ASOBEAMS’ is the new venture by popular fashion chain ‘Beams’ R&D department to spruce up Japanese souvenirs and gifts. Their first mission is ‘Kendama Tohoku’ – a tie-up with Yahoo Japan to revive the 2011 disaster-hit area with the crafting of Kendama (a traditional Japanese ball and cup game). Each piece handmade in the Yamagata studio, the quirky wooden toys combined modern trend prints with culture and tradition, becoming a key collectors item within weeks.

DESIGN ‒ C:¥ 8,100(税込/including tax)
DESIGN ‒ C:¥ 8,100(税込/including tax)
DESIGN ‒ D:¥ 6,480(税込/including tax)
DESIGN ‒ D:¥ 6,480(税込/including tax)
DESIGN ‒ E:¥ 5,400(税込/including tax)
DESIGN ‒ E:¥ 5,400(税込/including tax)

kawaiiカルチャーを牽引する増田セバスチャンが制作したHARAJUKU KAWAii!!のビジュアルをあしらったけん玉は、ポップな模様とカラーリングで、現在の原宿をイメージさせる東京らしさ全開のデザイン。他にもファッショングラビアサイト「グラフィックガール」を仕掛けたKASICO、アソビシステムのクリエイティブディレクター赤坂勇介、アートディレクターの坪井泰一朗、オールブラック仕様のオリジナルモデルなど、全5色展開でどれもが目を惹く、個性を存分に表現したデザインだ。
こちらのけん玉は、日本をキーワードにリニューアルオープンする新宿「ビームス ジャパン」の<トーキョーカルチャート by ビームス>と、アソビシステムが運営する「MOSHI MOSHI BOX原宿観光案内所」で販売をスタートした。
数年前からジワジワと日本のストリートアイテムに昇格したけん玉は、東京土産としてはもちろん、海外からの観光客にも喜ばれそう。ただ、一つ問題が。お土産として買っても、あまりのデザインの良さにあげるのがもったいなくなってしまうこと。なので、お土産用の他に、鑑賞用と遊ぶ用のマニア買いを推奨!次なるお土産は何が登場するのか?今後の展開にも注目していきたいプロジェクトである。

Take Sebastian Masuda’s design – an ode to ‘kawaii’ pop-culture and Harajuku style. Other collabs include designs by Kasico of Gravia fashion website ‘Graphic Girl’, Asobi System’s Creative Designer Yusuke Akasaka, Art Director Taiichiro Tsugoi and an original all-black design. There are five designs in total, each with their own personal charm.
They will all be on sale from the end of April at the ‘Tokyo Cultuart by Beams’ exhibition at the renewal open of Beams in Shinjuku and Moshi Moshi Box in Harajuku. The rising status of the Kendama as the must-have street item of recent years almost guarantees these cute little things will be a sell-out. It’s the perfect present for culture aficionados, fashionistas and Japan-lovers alike. The only problem is, they are almost too awesome to give away.

KENDAMA TOHOKU for ASOBEAMS

販売

  • ・ビームス ジャパン
    東京都新宿区新宿 3-32-6

トーキョーカルチャート
by ビームス

  • ・MOSHI MOSHI BOX 原宿観光案内所
    東京都渋谷区神宮前 3-23-5

MOSHI MOSHI BOX
原宿観光案内所

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN