人気再熱!! アナログレコードの人気と魅力とは?vol.2Vinyls are back in a big way, but why? vol.2

3人の若者が語るレコードの魅力

確実に根付き出したレコード文化。コレクター化する人も多い。しかし彼らはどんな経緯でレコードと出会い、どこに魅力を感じてそれを収集するようになったのだろうか?そんな疑問を解消するべく、20代のレコード好きの若者たちにも話を聞いてみた。彼ら自慢のレコードコレクションにも、ぜひ注目してもらいたい。
Three young collectors go on the record

Record culture has taken root here in Japan, with many blossoming collectors. But where do these vinyl junkies score their first hit, and how did they get hooked? We talked to three collectors in their 20s to find out, and to get a peek at their stashes.

まずは、伝統的なプロダクトや質実剛健な衣服をこよなく愛する大学生3年生、山本さん(20歳)の自宅を訪問。昨年11月からレコードを買い始め、現在、130枚以上のレコードをコレクションしているという。

Q. レコードに興味を持ち始めたきっかけや、購入に至るまでの経緯を教えてください。
高校時代に雑誌で読んだ、ファッションデザイナーの部屋特集がきっかけでした。好きなデザイナーの部屋にはほぼ必ずレコードが置いてあったので、自然と興味が湧きましたね。大学1年生の頃、経堂の「ハスキーレコード」というレコード屋さんへ通っていましたが、当初買っていたのはCDのみ。そこで常連さんと意気投合した際、カールトン&ザ・シューズのEPを勧めてもらったことを機に、プレイヤーとレコードを購入しました。

Q.レコードのどこに魅力を感じますか?
聴くためにひと手間が必要なところですね。「今からちゃんと聴くぞ!」という気持ちになります。あとは、コレクションできるところでしょうか。モノを集める過程とか、ズラリと並んでいるところを見るのが好きなんです(笑)。年上の方々と共通の話題が生まれる点も良いですね。前に飲食店でアルバイトをしていたときも、お客さんと会話をするきっかけになりました。
First we stopped by the home of Yamamoto-san, a 20-year-old with a love of classic product design and minimalist fashion. His collection began last November and has already grown to over 130 records.

Q. Tell us how you first became interested in vinyl, and how your collection got started.
In high school, I read a magazine article about fashion designers’ bedrooms. Most of my favorite designers had records in their rooms, so my curiosity started there. During my first year of college I started going to Husky Records in Kyodo, but at first I was only buying CDs. One day I got to talking with another regular customer who suggested I pick up an EP by Carlton & the Shoes, so I bought it along with a player.

Q. What got you hooked?
I like how listening becomes a process. The little bit of extra effort makes you really want to pay attention to the music. That, and it's fun to build a collection. It feels cool to see your records sitting there on your shelf (laughs). It gives me something to talk about with older people, too. At my last job I was able to use the hobby to strike up conversations with the restaurant’s customers.

Q.どこでレコードを購入されることが多いですか?
基本的に実店舗だけですね。下北沢の「フラッシュ・ディスク・ランチ」と「ディスクユニオン」によく行きます。やっぱり店員さんから直接買いたいし、レコメンドしてもらったレコードは、ずっと大切にしたくなるんです。そうしたコミュニケーションを楽しめるところも、レコードを集める醍醐味だと思います。
Q. Where do you usually shop for records?
I prefer brick and mortar shops, like ‘Flash Disc Lunch’ in Shimokitazawa or ‘Disc Union.’ It’s nice to interact with the staff, and they give killer recommendations. That kind of communication is one of the best parts of collecting.

Q.最近のお気に入りレコードは?
ソウル歌手ピーボ・ブライソンの『ポジティブ』というLPがお気に入りです。後に調べてみたところ、ディズニーアニメ『美女と野獣』の主題歌をセリーヌ・ディオンとデュエットした人でした。ジャケ買いして以来、このアーティストのレコードを見つけたら必ずゲットするようにしています。
Q. What’s a recent purchase that you’re really into?
‘Positive’ by the soul singer Peabo Bryson. After buying it I looked him up and he was the guy who sang Disney’s Beauty and the Beast duet with Celine Dion. I bought that record without knowing anything about it, but now I pick his stuff whenever I see it.

Q.レコード購入を迷っている人へアドバイスをお願いします。
大学生の僕でも再生環境を整えられるぐらいだし、聴き始めるのは意外と簡単です。レコード屋さんに行けば、100円や300円で手軽に買える“安レコ”もありますし。その値段でモノとして残る音源が手に入るって、魅力的じゃないですか? 少しでも興味がある方には、ぜひ一歩踏み出してもらいたいですね。
Q. Do you have any advice for would-be collectors?
Even a college student like me can find the time and money to enjoy records, so it’s not as hard to get started as you might think. Shops have lots of cheap records for like ¥100 or ¥300. If you’re going to spend money on music, isn’t it better to have a physical object to show for it? If you’re even just a little interested, give vinyl a try.

続いては、映像ソフトメーカーに勤めている加藤さん(26歳)の自宅を訪問。映画に加えて音楽にも造詣が深い彼は、約300枚のレコードを所有している。

Q.レコードに興味を持ち始めたきっかけはなんですか?
大学時代に留学したロンドンで、ちょうどレコードが流行り始めていたことに刺激を受けました。オックスフォード・ストリートのとあるアパレルショップに足を運んだら、ウォーペイントというバンドのレコードが、店内にズラリとディスプレイされていて。日本ではそんな光景を見たことがなかったので、とにかく衝撃的でしたね。でも、留学中は手元にプレイヤーがなくて、現地でレコードを買えなかったのが悔やまれます。

Q.購入に至るまでの経緯も教えてください。
帰国した後も、ロンドンで見たレコードの印象が心に残り続けていました。そんな折、よく行くカフェの常連さんに“レコードのイロハ“を教えてもらったら、どうしても欲しくなってしまって・・・(笑)。所有していたエピフォンのギターを売って、ターンテーブルとレコードを一気に揃えたのが2015年のことでした。初めて購入した盤は、ナンシー・ウィルソン&ジョージ・シアリングの『ザ・スインギンズ・ミューチュアル!』。レトロなスイング・ジャズをレコードで聴いてみたくてジャケ買いしました。
Next we visited 26-year-old Kato-san. He works in video software and along with films and film music are his passion--a passion that shows in his collection of around 300 albums.

Q. How did you get into collecting vinyl?
I was studying in London right around the time records were making a comeback there. I was instantly into it. A clothing store on Oxford street had a record by the band Warpaint on display. I’d never seen anything like it in Japan, so it left a big impression on me. I didn’t buy any records back then since I didn’t have a player--something I regret it to this day.

Q. Tell us about your first purchase.
After coming back to Japan I couldn’t get those records out of my mind. After one of the regulars at a cafe I frequented explained the basics of record collecting to me, I couldn’t contain myself any longer (laughs). I sold my Epiphone guitar to buy a player and some records. That was in 2015. The first record I bought was ‘The Swingin's Mutual’ by the George Shearing Quintet & Nancy Wilson. I bought it solely based on the retro swing jazz cover!

Q.レコードのどこに魅力を感じていますか?
“予期せぬ出会い”があることですね。初めて買ったレコードも、偶然チョイスしたけど抜群に良かったし。レコードによって音の雰囲気が全然違うところも好きです。プレスされた年代や国による違いが、CDよりも如実に感じられる気がしますね。あと、昔のアーティストはレコードのフォーマットを基準に、アルバムの構成を考えていたはず。彼らの真意を汲み取るなら、古いアルバムはやっぱりレコードで聴いた方がいいと思うんですよね。

Q.どこでレコードを購入されることが多いですか?
実店舗だと、吉祥寺の「ココナッツディスク」や下北沢の「フラッシュ・ディスク・ランチ」「ジェットセット」、渋谷の「HMV record shop」辺りが中心ですね。店頭で目当てのレコードが見つからなければ、インターネットで買うこともあります。マイナーなインディーバンドだと足で探すのは大変なので・・・。国内のショップに在庫がないときは、海外から個人輸入することもありますね。でも、基本的には実店舗で買い物する方が好きですよ。
Q. What kept you coming back for more?
The unexpected discoveries. I bought that first record on a whim but wound up loving it (laughs). I also like how different records have such different sounds. It varies depending on the pressing and country, much more than anything on CD. You also have to consider that back in the day they engineered the music with vinyl in mind. So I think records are the best way to experience the music the way the artists intended it to be heard.

Q. Where do you usually shop for records?
Mainly ‘Coconut Records’ in Kichijoji, ‘Flash Disc Lunch’ and ‘Jet Set’ in Shimokitazawa and ‘HMV record shop’ in Shibuya. If I can’t find what I’m looking for in a shop, I’ll order online too. It can be tough to find smaller indie releases in stores… I’ve also imported stuff from other countries if I couldn’t find them here. But as a rule I prefer visiting actual stores.

Q.最近のお気に入りレコードは?
「アーバン・ブルースVol.2」という、ニューオーリンズのブルースコンピです。今まで聴いていたブルースからいい意味でズレたサウンドや、日本では無名なアーティストの曲を聴けるところがたまりません。まだ見ぬニューオーリンズという土地に思いを馳せるのが、とても楽しいんです(笑)。
Q. What’s a recent purchase that you’re really into?
A New Orleans blues comp called ‘Urban Blues Vol.2.’ It’s filled with artists who’re unknown here in Japan, and it’s very different from other blues I’ve heard--but in a good way. It’s fun to envision New Orleans as I listen to it (laughs).

Q.レコード購入を迷っている人へアドバイスをお願いします。
興味があるなら、ぜひトライしてみてください。聴き始めれば何かが見えてくると思うし、試さないと分からないものだからこそ、「見る前に跳んでみて!」と言いたいです(笑)。
Q. Do you have any advice for would-be collectors?
If you’re at all interested, just go for it. Dive in head first, and I’m sure you’ll enjoy it. At the very least you’ll have a new experience (laughs).

最後は、東京都・世田谷区の喜多見にあるカフェ、「ザ バールブラザーズ」を営む千野さん(29歳)のもとへ。 “コーヒーとお酒、文化的な活動”をキャッチコピーとする同店には、レトロな文庫本やレコードがズラリと並ぶ。LPとEPを合わせると、所有枚数は900を超えるという。

Q. レコードに興味を持ち始めたきっかけや、購入に至るまでの経緯を教えてください。
興味を持ったのは2年ほど前。日本でもレコードが流行り始めた時期でした。僕はCD世代だし、実家にレコードがなかったので、とても新鮮に感じました。レコード購入のきっかけは、お客様に音を聴かせてもらったから。近所のバーで開催予定だったDJイベントが急きょ中止になったとき、ポータブルプレイヤーとレコードを持った方々がうちに来店されて・・・。今考えると不思議な縁ですね。ちなみに、初めて買ったレコードは、ベル&セバスチャンの『ヤァ!カタストロフィ・ウェイトレス』。恋人と別れたタイミングだったので、切ないメロディーを求めていたのかもしれません(笑)。
Our last talk was with 29-year-old Chino-san, who runs the cafe ‘The Barr Brothers’ in Kitami. The cafe’s motto is “Coffee, Booze and Culture,” and as promised you’ll find plenty of retro books and records inside. A lot of records--over 900 LPs and EPs.

Q. Tell us how you first became interested in vinyl, and how your collection got started.
It all started around two years ago, right around when vinyl started getting popular here. I grew up on CDs and we didn’t have any old records in our house, so it was very novel to me. I bought my first record after some customers showed me the difference in sound. A party planned at a nearby bar was suddenly canceled, so some of the DJs came to our place with a portable player and some records. Thinking back, it was such a strange coincidence. My first purchase was Belle and Sebastian’s ‘Dear Catastrophe Waitress.’ I had just gone through a breakup and was in need of some moody melodies (laughs).

Q.レコードのどこに魅力を感じますか?
“出会い”や“発見”があるところかな。中古盤を買ったとき、当時の人が残したメモやサインを見つけたり、古い家の匂いが染みついていたりすると、グッときますね。レコードを聴くようになって、以前から聴いていた曲やアルバムの新たな魅力を知ることもあります。例えるなら、親しい友だちの意外な魅力を発見したような感覚でしょうか。レコードのおかげで、前よりも自然体で音を楽しめるようになりました。

Q.どこでレコードを購入されることが多いですか?
新譜を買うときは、渋谷の「HMV record shop」に行くことが多いかな。初めてレコードを買ったのもここでした。店内が明るく広くて、ストレスを感じずにレコードを探せるところが気に入っています。中古盤が欲しいときは、リサイクルショップのワゴンセールや詰め放題セールを狙うことも。乱雑に置かれたレコードの中から掘り出し物を見つけたときは、喜びもひとしおですね。
Q. What got you hooked?
The chance meetings and discoveries. I absolutely love it when I buy a used record and find memos written on it or the names of its original owner, not to mention the smell of their house. Also, I find a lot of new things in familiar tracks when I listen to them on vinyl. It’s kind of like finding out that an old friend has a hidden talent you never knew about. I feel like records have let me become closer with music.

Q. Where do you usually shop for records?
If I’m buying new, Shibuya’s ‘HMV record shop.’ That’s where I bought my first record. I like bigger stores that are well-lit. I feel less stressed when I shop that way. If I buy used it’s usually from recycle shop bin bargains or blowout sales. Nothing beats the feeling of finding a gem within a disorganized pile of records.

Q.最近のお気に入りレコードは?
星座にちなんだ楽曲が収録された、占星術シリーズのレコードです。知人にいただいたアナログ盤の中に何枚か紛れ込んでいて、しばらく経ってからシリーズものだと気づきました。全12枚のコンプリートを目指しているんですが、あと4枚がなかなか見つかりません(笑)。ちなみにジャンルはイージーリスニング。ゆったりしたいお昼時に、よく店内で流しています。
Q. What’s a recent purchase that you’re really into?
The Astrological Series, with songs based on the zodiac signs. A few of them were in a stack of records a friend gave me. For a while I didn’t realize they were parts of a series. I’m trying to collect all twelve, but I still haven’t been able to track down four of them (laughs). They’re easy listening, perfect for playing during a slow afternoon in the cafe.

Q.レコード購入を迷っている人へアドバイスをお願いします。
やっぱりレコードに針を落として、実際に音を聴いてみるのが大切なのかも。知りたいことがあれば、分かる範囲でレクチャーするので、近くにお住まいの方はぜひ遊びにいらしてください。常連のお客様もレコード好きな方が多いですよ。

ザ バールブラザーズ
Facebook
Twitter
Q. Do you have any advice for would-be collectors?
Dropping the stylus yourself and hearing the difference in person is key. If you have any questions, I’m happy to give lectures here at the cafe. Stop on in if you’re in the neighborhood. A lot of our regulars are collectors, too.

The Barr Brothers
Facebook
Twitter

レコード文化はさらに盛り上がる? Will records keep turning?

1万円以下で買えるレコードプレイヤーが出揃い、新譜のリリースも増え続けている2017年。レコードの世界へ一歩踏み出すための土壌は、すっかり整ったと言えそうだ。しかし、さまざまな文化の発信地である吉祥寺の「HMV record shop」においても、客層の中心は30~50代。まだまだ多くの人々がレコードの魅力を知らずに過ごしているのかもしれない。

話を聞いた3人に話を移そう。彼らはファッションや映画に対する造詣が深かったり、文化が集まるカフェの経営者だったりする。言うなれば、流行に対する感度の高い若者たちだ。そんな彼らがレコードを聴き始めたのは、いずれも年上の音楽好きに影響を受けたことがきっかけである。また、レコード盤に触れて実際に音を聴く“体験”が伴ったことも、理由として挙げていた。

今以上にレコード文化が盛り上がるためには、感度の高い人々がレコードを“体験”する機会が必要なのかもしれない。例えばウイスキーの魅力を紹介するとして、“芳醇な香りとまろやかな甘みが特徴”と書いたところで、それを味わう感動の何割を伝えられるだろうか。実体験が伴わなければ、本当の喜びを知ることはできない。レコードの場合だって“百聞は一聴にしかず”である。

・・・とはいえ、レコード文化を知るために、いきなり大きなコストをかける必要はない。「HMV record shop」やレコードを流すカフェ、セレクトショップなどに足を運べば良いのだから。そうすれば、レコード文化にどっぷり浸かった音好きの大人たちが、ディープなアナログの世界へ僕らを誘ってくれるはず。レコード好きの仲間が増えることを、私は心から期待している。

人気再熱!! アナログレコードの人気と魅力とは?vol.1


REPORTER:TAKURO YAMASHINA
PHOTOGRAPHER:YOSHIFUMI SHIMIZU
Who would have thought that in 2017 we’d be talking about the increase in new vinyl records and players that can be had for under ¥10,000? The industry’s soil has never been more fertile. Yet even in a cultural center like Kichijoji, the clientele at ‘HMV record shop’ are mainly aged between 30 and 50. It’s high time for a fresh crop of collectors to begin harvesting their own collections.

Just look at the three guys we interviewed. In addition to vinyl, they’re connoisseurs of all kinds of culture, be it fashion, film or running a hip cafe. In other words they’re up on the trends. And each one of them said that they got started with records with the help of an older acquaintance. They also all claimed that the so-called listening experience is what kept them coming back for more.

If record culture is going to continue to thrive, that experience has to be felt by as many tastemakers as possible. For example, if you read a review of a whiskey that says “the mellow aroma is complimented by full-bodied sweetness,” do you really have any idea what it tastes like? Of course not, and the same goes with vinyl. Seeing, or in this case hearing, is believing.

Don’t take our word for it. If you want to sample that experience without a financial commitment, stop by ‘HMV record shop,’ visit a cafe with a turntable, or go to one of Tokyo’s many clothing boutiques that have a vinyl sound soundsystem. The analog music lovers waiting there will be happy to welcome you into the warm, wonderful world of records.

Vinyls are back in a big way, but why? vol.1

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN