人気再熱!! アナログレコードの人気と魅力とは?vol.1Vinyls are back in a big way, but why? vol.1

今、「音楽を聴きたい」と思ったら、読者の皆さんは何を手にするだろうか?
恐らく多くの人はスマートフォンと答えるだろうし、「それ以外に何があるの?」と思う人もいるかもしれない。

私自身、「CDを手に取ってパソコンのトレイに入れる」なんて、いったい何万年前の話だろうと感じる。
だって今や、Apple MusicにGoogle Play Music、Spotifyといった、月額課金制の聴き放題サービスが乱立している時代だ。YouTubeで検索すれば、好きなアーティストの曲を無料で再生できるし、Sound Cloudでまだ見ぬ才能を漁ることも可能である。

“音楽を聴く”という行為は、驚くほど手軽な楽しみになった。実際、とにかくコストがかからない。定額制サービスでも月額1,000円程度支払えば、目がくらむほど膨大な音源が聴き放題になるのだから。音楽だけでなく映画や書籍もそうだが、ネットで定額配信されるエンターテインメントは、どんどんチープになっていくのが2010年代の傾向である。「誰でも文化をすぐ手に取れる、楽しめることの何が悪い?」 とは思うが、心のどこかに何かが引っかかりもする。簡便さを得た代わりに、“大切なもの”を失ってしまったような・・・。

その正体を教えてくれる店が、2017年3月30日にリニューアルオープンした「コピス吉祥寺」内にあった。5万枚強の在庫をストックする、「HMV record shop コピス吉祥寺」である。その名の通り、レコードをメインに取り扱う店だ。

2014年に渋谷の宇田川町、2016年に新宿ALTAへ出店し、音好きの支持を集めてきた「HMV record shop」だが、今回は都心から少々離れたファミリー層も多い商業施設内への出店だ。挑戦的にも感じられるが、一方で合点もいく。

アートやカフェ、マンガなど、さまざまな文化が醸成され続ける吉祥寺は、音楽の街でもある。その街を象徴する商業施設に“音楽の店”が入っていないのは、どうにもしっくりこない。そしてデジタル音源が安価で聴き放題の2017年に、CDショップが開店するというのもまた腑に落ちない。

はっきり言ってCDは、扱いに困る存在になってしまった。「ポータブルCDオーディオ」や「CDコンポ」といった再生専用機を持っている人は、一体どれほどいるのだろうか・・・。パソコンにリッピングしようにも、ここ数年のラップトップはCD / DVD / BDドライブを搭載していない。わざわざ外付けのドライブを接続して、元々デジタルであるCD音源をパソコンに取り込んで圧縮音源にする・・・? 「俺は一体何をやっているんだ」と言いたくなる禅問答的行為を繰り返すぐらいなら、ハナからデジタル配信で良いと思うのは至極当然だろう。

月額制の音楽聞き放題サービスに違和感を覚え、CDにも価値を感じられない。それどころか再生環境すらまともに整えられないとくれば、アナログ回帰が進むのも納得である。呼応するように、多くのアーティストが新譜をレコードで発売するようにもなった。

アメリカやイギリスはもちろん、ここ日本においてもレコードの売り上げは右肩上がりだ。「一般社団法人 日本レコード協会」が発表したレポート「日本のレコード産業」によると、アナログディスクは数量が前年比121%、金額では同124%となり、3年連続で数量・金額ともに伸長しているという。「レコードなんて触ったことがない・・・」という皆さん。もし、あなたが音楽を愛しているなら、今こそレコードの世界に足を踏み出してみてはいかがだろうか?

というわけで今回は、「HMV record shop コピス吉祥寺」を訪問。レコード購入のHow to、そして最新事情にも詳しい、HMV record shop コピス吉祥寺 / 新宿ALTA 統括店長の竹野さんに話を聞いてみた。
When they want to listen to music, the majority of people reach for their smartphones. Some of them don’t even know that there are alternatives.

I can’t remember the last time I put a CD into my computer’s disc drive, but it feels like it must have been sometime during the stone age. We’re now living in the era of all-you-can-listen-to music services like Apple Music, Google Play Music and Spotify. If you don’t feel like paying for one of those, you can also just YouTube your favorite tunes or seek out new talent on Sound Cloud for free.

In other words, we’ve come to take listening to music for granted. For starters, it’s cheaper than ever. For under ¥1,000 a month you can listen in astounding hi-res until your ears bleed. Be it music, movies or even books, high quality, low cost net the internetainment has exploded over the last decade.”What could be wrong with everyone having instant access to pop culture?,” you ask? I’m afraid the answer is that the convenience has come at hidden cost--appreciation.

Look no further than the March 30th reopening of ‘coppice Kichijoji’ for the solution to this problem. One of the new shops is ‘HMV record shop coppice,’ and as the name implies their main focus is on vinyl, with over 50,000 albums in stock.

The first ‘HMV record shop ’opened in Shibuya’s Udagawa-cho in 2014, followed another shop in Shinjuku ALTA in 2016. What’s surprising about the new one is its location. Rather than a hip central location, they’ve chosen a family-centric city on the outskirts of the city. Kichijoji seems like an odd choice at first, but it makes sense.

The area has long been home to artists, mangaka, cool cafes and yes, musicians. It’s almost more surprising that it took this long to get a record shop on its streets, especially in this digital age where CD stores are dropping like flies.

Let’s face it--CDs have outlived their usefulness. How many people actually own a portable CD player or have changer at home? Recent laptops don’t even have built-in disc drives, so forget about going through all the trouble to rip them. It’s even sillier when you consider how much time it takes to digitize digital audio when you could just download it and be done.

Yet for some, paid streaming services feel just as off as CDs. Then there’s also the listening environment. When you put all this together it’s no wonder that people are switching back to analog audio, or that many artists are happy to answer the demand by releasing new material on vinyl.

Vinyl sales are way up, and not just here in Japan. United States and England have their own record booms. A report from the Recording Industry Association of Japan states that vinyl production is up 121% from last year, with sales increasing by 124%. These numbers have steadily increased over the last three years. If you’re one of the many music lovers out there who have never touched one of these beautiful black discs, there’s no better time to dip your toes into the water.

With that in mind we stopped by ‘HMV record shop coppice Kichijoji’ to speak with Takeno-san, manager of both the Kichijoji and Shinjuku stores, for advice on how to get started.

レコード人気再燃の秘密、その魅力に迫るWhy records, and why now?

Q.レコード人気再燃のきっかけはなんでしょうか?
レコードが日本で流行る前段階として、アメリカやイギリスなどでブームが起こりました。きっかけのひとつには、レコードショップに行き、アナログレコード、カセットやCD、グッズを手にし、アーティストとショップ、そしてリスナーのみんなで音楽の楽しさを共有する、年に1度の祭典「レコード・ストア・デイ」が挙げられるでしょう。これは、毎年4月に世界中で開催される、レコード文化を祝う祭典です。海外で流行した文化は、当然こちらにも入ってきます。その結果、日本でレコードが流行し始めたと言えるでしょう。無料でも音楽を聴ける時代だからこそ、 “モノとしての魅力“が再評価されたのかもしれません。大きなジャケットから盤を取り出してプレイヤーに置き、針を落とすひと手間に、“楽しさ”や“贅沢感”を見出す方も多いようです。
Q. What brought about this resurgence in records?
Well the boom originated in United States, England and a few other countries before catching on here. One of the things that helped it spread was ‘Record Store Day.’ It’s a global event held every April to honor the vinyl hound subculture. Japan loves to get on board with trends so naturally stores here started doing it too. I think it was the spark that lit the fire here. Plus, people have begun to appreciate owning physical objects after living in the digital age for a while. Taking an album from its massive sleeve, laying it on the turntable and dropping the needle just feels so good.

Q.新譜をレコードでリリースするアーティストも増えているみたいですね。
そうですね。タイトル数が増えた影響で、新品レコードの売り上げも伸びています。若年層に人気のアーティストが、レコードをリリースするようになったのは大きな変化ですね。例えば、AKB48の『恋するフォーチュンクッキー』や、EXILE ATSUSHIの『Solo』など、アイドルグループや最新J-POPアーティストのアナログ盤も増えています。
Q. It seems like more and more artists are releasing new material on vinyl.
That’s right, yeah. It’s helped the sales numbers grow for sure. It’s fresh and exciting for younger fans when they hear that artists they like are putting out a record. Amazingly, even idols and big J-POP acts are doing it. AKB48’s ‘Koi Suru Fortune Cookie’ and EXILE ATSUSHI’s ‘Solo’ came out on vinyl, for example.

Q.デジタル音源とレコードを比較して、聴き方が変わる部分はありますか?
スマートフォンやパソコンで音楽を再生するときは、移動中や勉強中、仕事中など、何かをしながら音楽を聴くことが多いのではないでしょうか。曲も手軽にスキップできますしね。一方、レコードの場合は手軽に曲をスキップできないし、一連の流れでアルバムを聴くことが多いですよね。再生したまま放っておくと、片面が終わっても盤が回りっぱなしで針や盤が傷むので、気にかけてやる必要もあるんです。レコードを大切に扱うことは、音楽とまっすぐ向き合うことにつながるのかもしれません。
Q. Is there any difference in how you listen to vinyl versus digital?
Most people who’re listening on computers or their smart phones only play music while they’re doing something else, be it commuting, studying, or working. It’s simple to skip songs. You can’t easily skip tracks on a record, so it kind of forces you to listen to an album in its entirety. Once one side finishes, it’ll just keep spinning and harming both the record and your stylus, so you have to pay more attention. Listening to and caring for records makes you engage with music in a very different and direct way.

Q.盤の大きさ(12インチ / 7インチ)により、違いはありますか?
CDにシングルとアルバムがあるように、レコードにもシングルとアルバムがあります。大きく分けると「7インチ盤=EP盤」がシングル、「12インチ盤=LP盤」がアルバムです。話すと長くなるので省略しますが、レコードには回転数(33回転、45回転)があり、一般的に45回転の7インチ盤は音が良いとされています。

Q.改めて、レコードの魅力を教えてください。
やっぱり音質が魅力的ですね。音の感触がやわらかく立体的で、聴き疲れしにくいと感じます。同じタイトルのレコードでも、発売時期によって音が全く違うところも面白いです。例えばこちら、ザ・フーの1stアルバム『マイ・ジェネレーション』は、初出がモノラル盤。後にステレオ盤でも発売されました。UK盤はこもりつつも迫力のある音、US盤はラウドな印象、日本盤はその中間といった具合で、発売国によっても音が違うと言われています。
Q. There are 12-inch and 7-inch records. What’s the difference?
There are singles and full albums, just like with CDs. Generally speaking ,7-inch/EPs are singles, and 12-inch/LPs are albums. There are two different speeds you can play records at, 33rpm and 45rpm, and the sound on 45rpm 7-inches are said to be better.

Q. Is there anything else special about records?
The sound quality is the main allure. Records sound warmer and fuller, and won’t wear your ears out. Sometimes the sound of a song depends on when the record was pressed, which is really interesting. Take the first album by The Who, ‘My Generation.’ First it came out as mono. Only later releases offered stereo audio. The UK version has a slightly muddled but powerful sound to it, whereas the US release has a richer sound. The Japanese version is somewhere between the two. So even the country it was released in makes a difference.

Q.竹野さんイチオシのレコードジャケットをご紹介いただけますか?
はじめにご紹介したいのは、ザ・ローリング・ストーンズの『女たち』です。顔の部分が切り抜かれたカバーに、マリリン・モンローやブリジット・バルドーといった有名人の顔が印刷されたスリーブが入っているのですが、これらの写真は無断使用(笑)。後にクレームが入り、セカンドプレスからは顔が消されてしまったという、いわくつきのジャケットです。
Q. Do you have any favorite record jackets?
First up I’d say The Rolling Stones’ ‘Some Girls.’ The cover is a collage of faces, including famous women like Marilyn Monroe and Brigitte Bardot. Apparently they didn’t get permission (laughs). From the second pressing on the faces were erased due to a lawsuit. It makes for a good story now.

続いては、ジェスロ・タルの『スタンド・アップ』。気になる仕掛けはタイトル通りです。2つ折りのジャケットを開くと、まるで飛び出す絵本のようにメンバーのイラストが立ち上がるデザインになっています。飛び出すジャケットの中でも、代表的存在です。I’d also include ‘Stand Up’ by Jethro Tull. When you open it, an illustration of the band member’s pops up. So it’s literally Jethro Tull standing up. It’s one of the most famous pop-up art examples in record history.

その他にも、盤がアフリカ大陸の形になったトトの『アフリカ』や、紙製のパンティーで包まれたアリス・クーパーの『スクールズ・アウト』などなど、ユーモラスなギミックが施されたものがたくさんありますよ。There are albums which came with all sorts of funny gimmicks, from Toto’s ‘Africa’ which was shaped like the continent or Alice Cooper’s ‘School's Out’ which came wearing a paper pantie.

Q.これからレコードを聴き始めるなら、どんなプレイヤーが良いでしょうか?
入門機には、ION Audioの「Vinyl Motion」をオススメします。実売価格7,980円(税込)という低価格ながら、ステレオ・スピーカーやフル充電で約4時間動作するバッテリー、USB端子を備えたオールインワン・プレイヤーです。スーツケースを模したデザインで持ち運びも簡単。行楽やアウトドアレジャーのお供にも最適です。
Q. What’s a good record player to start with?
If you’re just getting into vinyl, I recommend ION Audio’s ‘Vinyl Motion’ player. It’s inexpensive at only ¥7980 (w/tax), has stereo speakers and can run 4 hours on a full charge. It also has a USB port, making it an all-in-one solution. The suitcase design makes it very portable, too. It’s great for picnics or just hanging out.

「聴くだけでなく音で遊びたい!」という方には、うってつけの商品があります。それがこちら、Numarkの「PT01 Scratch」です。上から見るとLPレコードのジャケットとほぼ同サイズですが、スクラッチ機能や±10%のピッチコントロール機能を搭載したターンテーブルです。それに加えて、33 / 45 / 78回転にも対応しています。レコードバッグにすっぽり入り、外出先で簡易DJプレイを披露できるところも魅力的です。電源は、ACアダプター(付属)と乾電池の両方に対応しています。
If you’re someone who wants to play with the music instead of just playing it, you’ve got to check out the Numark ‘PT01 Scratch.’ It’s roughly the same size as an LP viewed from above, but this turntable also lets you scratch and features pitch controls up to ±10%. It also lets you play records at 33, 45 and 78rpm. Since it fits into a record bag it allows you to be a DJ anytime, anywhere. It uses batteries or AC power.

最後は、入門機からのステップアップにピッタリなPIONEERの「PLX500」をご紹介しましょう。こちらは、同メーカーが培ったプロDJ機材の技術を生かして開発した、ダイレクトドライブ方式(※モーターの回転力をギアボックスなどを介さずに直接、駆動対象に伝達する方式)のターンテーブル。テンポ調整に対応しており、スクラッチも楽しめます。パワードスピーカーに接続して使えるところも便利ですね。ヘッドシェルに他社カートリッジを取り付けできるので、カスタマイズを楽しみたいこだわり派の方にも満足していただけるでしょう。
When you’re ready to upgrade your equipment, there’s the PIONEER ‘PLX500.’ It’s a direct drive turntable like the ones used by pro DJs. This lets you scratch, fine tune the tempo and even plug directly into powered speakers. The headshell accepts needles from other makers, a must-have feature if you’re the type who likes to customize your setup.

Q. 「HMV record shop コピス吉祥寺」の客層や、よく売れるレコードの傾向についても教えてください。
一番多いのは、30~50代のお客様ですね。以前からレコード文化に親しまれている方々だと思います。一方、10代後半から20代前半の方々には、邦楽アーティストの新品レコードをお求めいただくことが多いですね。最近では『ラ・ラ・ランド』を筆頭に、映画サウンドトラックも幅広い年代に需要があります。

Q. 「HMV record shop」ならではのキャンペーンはありますか?
定例キャンペーンとして、廃盤レコード商品を出品する「週末廃盤セール」を行っています。60~90年代の洋楽から近年のJ-POPまで、取り扱うジャンルやテーマは毎回さまざまです。レアな盤をゲットしたい方は、ぜひチェックしてくださいね。

Q.最後に、初めてレコードを購入される方へアドバイスをお願いします。
「レコードが欲しいなぁ」と思ったら、まずは好きなアーティストや、手ごろな金額の盤から手に取ってみてください。安価なプレイヤーも増えているので、レコード1枚とセットで購入しても、1万円程度の初期投資からスタートできます。とりあえず試聴してみたいという方は、ぜひ「HMV record shop」にいらしてください。ディープで楽しい世界が待っていますよ(笑)。

HMV record shop

人気再熱!! アナログレコードの人気と魅力とは?vol.2

REPORTER:TAKURO YAMASHINA
PHOTOGRAPHER:YOSHIFUMI SHIMIZU
Q. Who are ‘HMV record shop coppice Kichijoji’ customers, and what’re they buying?
Most customers are between 30 and 50. I think they’re people who had some experience with records when they were still a thing. Then we have teens and people in their early 20s who mainly purchase new releases from Japanese artists. One of our best sellers across the board right now is the soundtrack to ‘La La Land.’

Q. Do you guys do any special campaigns?
We regularly hold weekend sales on discontinued albums. Each time we feature a different genre--anything from Western music from the 60s through the 90s to more recent J-POP. It’s a great opportunity to get your hands on rare records.

Q. Last question: What is your advice for people buying their very first record?
If you’re interested in record collecting, start with something by your favorite band or something relatively cheap. There are plenty of affordable players out there, so you can pick up one along with a record for under ¥10,000. If you’re not ready to commit to that, just stop into any ‘HMV record shop’ and try listening for free. But watch out, the rabbit hole runs deep (laughs).

HMV record shop

Vinyls are back in a big way, but why? vol.2

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN