植野有砂の目に映る
「東京」の姿とは?

ファッションブランド「FIG&VIPER」のデザイナーとしてのみならず、ストリートとハイのミックスセンスやパステルヘア、ネイルといったまさに「東京」を体現するヴィジュアルで世界中にフォロワーを持つクリエイター。

The designer for fashion brand 'FIG & VIPER': Mixing high fashion and street vibes with her trademark pastel hair and nails, Alisa Ueno is the embodiment of Tokyo culture, and her global following is on the rise.

FIG&VIPERはどういうコンセプトのもと始まったんですか?What was the opening concept for FIG&VIPER?

納得のいく価格帯で飽きのこないデザインを提供したいと思って始めたんですが、特にブランドコンセプトというのは確立されていません。シーズンごとに私の今の気分を投影しているんですが、私がほとんど全てのデザインをしているので根本になる“スタイル”は変わらない。それでブランドとしてもぶれずにやってこれてるのかなと思います。

From the onset I wanted to create high grade but reasonably priced fashion, but to be honest there isn't a specific brand concept for FIG & VIPER. Since I do all the designs myself, my mood at the time is often projected onto each season, but on the other hand I think that since it's my own personal style there is still consistency. That's what keeps us steady as a brand.

海外のインスタグラマーがFIGの服を
着用していることでも注目を集めました。
当時そうした起用をしている日本のブランドは
まだ全然なかったと思います。
Famous Instagrammers from all over the world have been
hashtagging FIG with selfies showcasing the brand's clothing.
I don't think there is any other Japanese apparel brand that
has gathered so much attention on social media.

そうですね。着目するのは早くて、3年くらい前から海外にギフティングしていますが、海外配送や販売をしているわけではないのでブランディングの一環です。海外のブランドはギフティングが当たり前で、インスタグラマーももらったら義務感でポストしてくれるんですけど、みんなブランディングがしっかりしているから適当な写真じゃなくすごくかっこいい着こなしをしてくれるんですね。その素材を使えるというのも利点です。

I guess you're right. There are no FIG & VIPER stores outside of Japan and we don't do international shipping, but we've been gifting our clothes to famous Instagrammers as part of our branding strategy for about 3 years now. Usually Instagrammers do product placements out of obligation, but so far everybody we've gifted clothes to has taken really dope photos expressing their love for the brand. It's become a key tool in our branding.

3年くらい前というと、日本ではまだインスタグラムが
浸透していない状況でしたが、有砂さんは既にフォロワーが
突出していて、特に海外からのフォロワーが多いのが印象的でした。
インスタグラムを始めたきっかけは?
3 years ago Instagram wasn't even on the radar in Japan,
yet you had a tonne of followers - from overseas in particular.
What was your incentive for starting Instagram?

最初は加工アプリだと思って使っていて、後からSNSなんだと知ったような感じです(笑)。それが海外の友達と新しく知り合うと、昔は「フェイスブックのアカウントは?」と聞かれていたのが、「インスタは?」に変わっていることに気付いて英語で更新するようにしました。フォロワーが増えた理由を聞かれることが多いんですけど実はよくわかっていなくて、付いてきたものに対して後からちゃんと対応していったという感じなんですが、フォロワーがつくのも早かったし、ブランディングすべきだと気づくのも早かったのかなとは思います。リアクションがいいのはやはりセルフィー。ネイルやキャラものとのコラボの化粧品など日本ぽいものはキャッチーですね。

Actually, at first I thought it was just an app for editing photos (laughs). I only realised it was a whole social network much later when I made friends overseas. When you met somebody, they used to ask "what's your Facebook?", but that suddenly changed to "what's your Instagram?", so I kind of caught on and started uploading my captions in English. People often ask me how I got all my followers but to be honest I don't really know. I guess I just caught on to new developments pretty fast. Since I gained a following early on, that's probably why I started branding early too. Selfies always get the best reception. Showing typical Japanese stuff like my nails, character goods and limited collab makeup is a good way to get likes.

海外のインスタグラム世代と日本とを比べて、
何か違いを感じることはありますか?
How do the foreign and Japanese Instagram scenes compare?

そんなにないですが、日本人は見た目が若いかな。私がフォローしている海外の子たちは10代から20代前半なんですが、私は今年26歳になるんですね。海外の同世代の子たちはいかにブランドのバッグを持つかというシティな方向にシフトしていて、キャリアもしっかりと見えるようブランディングしている。22,23歳の時は若くしてブランドを成功させたクリエイターという見え方だと言っていただいていて、日本では未だにそのイメージがあるのかもしれませんが、海外で26歳というと今自分がやっていることは年相応のことで、年齢と追いついてきたなと思います。そうした体感以外の部分で、表面上を見て共通してると思うのは、戦略的に考えて行動している若い子が少ないということ。海外ではいかにお尻を出してポストするかみたいな目立ちたいという勢いはあるし野望も大きいけど、それをどう叶えるかというというところでは策がなくフワフワしている。日本の子は突出したくないという意識が強いように思えるし、外に出ない子が増えているのも心配ですね。外に出るのが面倒だし、引きこもってるのがおしゃれって話も聞くけど、意欲がない子が多いように感じてしまいます。私はFIGの仕事もDJの仕事も、全部自分が外に出て、人に対してオープンにいったことによって繋がってきたからこそ、それでは将来的な仕事に繋がらないんじゃないのかなと思ってしまう。これからもっとネット社会になってくと思うので、インスタグラム上であっても自発的に考えて行動することが自分の将来を作ってくれるんじゃないでしょうか。

I think the Japanese look is quite a young one. I'm almost 26, but the people following me from overseas are mostly in their teens and early twenties. Instagrammers my age abroad are all shifting their branding to a more city chic look, with brand bags to accompany their big careers.
I've been hailed as a young creator by some in Japan, who say that it's amazing that I established a brand at the age of 22-23. But I'm now 26. If you look at girls in the West making their names in business, it's a totally normal expectation to start that young. In that sense, I think I'm nothing special for my age bracket. The only thing that I can say is that I think that young people who actually observe the playing field and plan their movements around business strategy are pretty rare. In the West, you've got the whole big-butt-sexy-pose promiscuity thing, where girls yearn to stand out and gain followers online, but it doesn't really amount to much else. In Japan, you've got the other end of the scale - young people don't want to stand out, and some kids don't even venture outside their bedrooms. They think that going out into the world is a drag. Some people say it's the trend to stay locked away inside, but I personally think that kids are losing ambition. By doing FIG and my DJ job, I'm always going out into the world and meeting new people, and always have this open dialogue where I'm learning new things and making new connections which inspire my future work. I think society will continue to become more internet based, so even from an Instagram-based perspective I think that the spontaneity of social networking will bring about new and exciting things for me in the future.

海外から見た“東京”のアイコンでもある有砂さんですが、
有砂さんにとって東京の魅力とは?
You're viewed around the world as an icon of Tokyo,
but what does Tokyo mean to you?

東京は秋葉原があれば新宿も、原宿もあって、全部が突出して個性が強いので、まったくフラットにならない。海外ではそれらが小さい街の中で細分化された状態として認識されていたと思いますが、実は個性が混じり合ってオリジナリティを作っているし、それが魅力でもあって。私にも原宿の要素も入っていれば、ちょっとオタクノリな要素も、海外寄りな要素も入ってるし、それがリアルな東京だと思っているから、自分のライフスタイルを発信することで「今の東京」を体現できたらいいなと思います。

Tokyo is a place that is full of individuality. There's Akihabara, Shinjuku, Harajuku - each part of town is different and the cityscape is so varied. I know in small towns abroad there are often recognised divisions and separate trends, but to be in a place where originality actually blends together in harmony to create something even more original is really awesome. Like, I take parts of Harajuku, Otaku culture and overseas fashion and mix it together - I think that is real Tokyo style. By projecting that image through my self-branding and lifestyle, I hope that I can contribute to the international perception of modern Tokyo.

植野有砂Alisa Ueno

2007年に雑誌「RANZUKI」の専属モデルとしてデビュー。
「Popteen」「BLENDA」などのモデルと並行しながら、大学にて英語を習得。在学中の2011年に「FIG&VIPER」をスタートし、デザイナー兼ファッションディレクターとして生産、モデル、PRもこなす。持ち前のセンスと語学力を活かし、海外にまで広くファンを持つ新しい東京のアイコンとして注目される。

Debuts as RANZUKI magazine exclusive model in 2007.
Models for Popteen and BLENDA whilst studying English at university. Starts fashion brand 'FIG & VIPER' whilst still a student in 2011 as head designer, director, model and PR coordinator. Using her unique style and language ability, extends fan base overseas to become Tokyo's new fashion icon.

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN