ちょっとクレイジーだけど愛されるアキバ流「自動販売機」 The weird and wonderful world of the Japanese vending machine.

ジュース、タバコ、チケット、コンドーム……日本国内には約500万台の「自動販売機」が存在する。この無人の機械には年間約5兆円ものお金が投入される。この金額はアメリカや中国を軽く抜いているというから世界一だろう。とくにココ秋葉原にも自動販売機は多い。しかもクールでちょっとクレイジーな自販機が多いのである。

秋葉原電気街のはずれにある自動販売機群は、アキバ屈指のミステリアススポットだ。外観もさることながら、手書きの看板がならぶ内装も「独特」。扱う商材の半数以上はジュースやお茶といったドリンク類だが、同じ機械に「巨大な鈴」「ろうそく」「鉄道模型」「歯磨き粉」といった物がまぎれている。中には「カブトムシの模型」なるものまで。初めて中に入るひとはその異様な品揃えに驚くだろう。「あ、Nゲージ(鉄道模型)買い忘れた!自動販売機に買いに行こう!」という猛者はさすがにいないが、その昔、周辺にコンビニエンスストアがない時代は貴重なスポットだったに違いない。

Juice, cigarettes, cinema tickets, condoms - the vending machine in its many forms is as commonplace in Japan as cake in a cake shop, with over five million of the peculiar unmanned devices spread throughout the country. With total revenue of over 5 trillion yen per year, the Japanese vending machine business trumps that of the US and China combined. But alas, since this is Japan, of course there have to be some weird ones. Welcome to Akihabara, where the vending machines are a little crazy...

Just a stone’s throw away from the famous Electric Town district lies a cluster of really bizarre vending machines. Messy handwritten signs point to a baffling selection of goods - there are the usual drinks, alongside oddities such as ‘a large bell’, ‘a candle’, ‘a model railway set’, and even ‘toothpaste’. Oh, and who’s forgetting the ‘plastic model of a beetle’? Somehow I highly doubt that anybody would pass by thinking “that reminds me, I forgot to buy a model railway set!”...but hey, this is Japan.

メインストリートに位置する量販店「ドン・キホーテ秋葉原店」の1階。ここにある妙に萌え萌えする自動販売機では「萌え米」を販売中。パッケージにキュートなキャラが描かれた秋田産のブランド米「あきたこまち」は300g500円。この時は、水着姿の女性が描かれたティーバッグ、ポストカードもおまけで付いてきた。お米を食べても、絵をながめても癒される逸品だ。同じく萌え系のラッピングが施された自動販売機といえば、パーツ屋が集まる「ジャンク通り」にもある。この時は人気アニメのキャラがラミネートされていた。人通りが多い場所では、広告を張り出す格好の対象にもなっている。

秋葉原の自動販売機を語る際、「おでん缶」に触れないわけにはいけない。中におでんの具がゴロゴロ入った缶詰。1990年代初頭、秋葉原の自動販売機で扱われたのをきっかけに全国に知名度が広まった保存食だ。その頃秋葉原には飲食店が極めて少なく、訪れるオタクにとって小腹を満たすマストフードはコレだったのだ。中を開けると、大根やちくわ、こんにゃくなど7種の具材。濃い目の出汁をしっかり吸い込んでいて実に美味しい。通常、箸はついていないので、こんにゃくに刺さった楊枝が箸代わり。短い楊枝でアツアツのおでんを食べる光景は、今でもアキバの風物詩だ。カブトムシに萌え米、おでん。多様なニーズがこの街には渦巻いている。

Meanwhile, in the Don Quijote store on the Main Street, there is a whole row of vending machines that sell ‘Moe Rice’ (‘moe’ is an otaku slang word for ‘cute’). A perky anime girl looks up from the packaging of the Akita Komachi rice – ¥500 for 300g. Bargain. There are also bikini-clad anime girl teabags, postcards and more.

Finally, perhaps Akihabara’s most famous vending machine product is its canned Oden - a traditional Japanese stew. Reaching a degree of nationwide popularity in the Nineties, ‘Oden in a Can’ was the staple of the Akihabara otaku, eaten with a small toothpick that was included inside the piping hot can. Imagine lunch in a small, vacuum-packed tin and you’re about halfway there, although surprisingly it apparently tasted quite good.
Akihabara has everything you could ever possibly need from a vending machine!

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN