『新世紀エヴァンゲリオン』や『カウボーイ・ビバップ』といったアニメを見て育ち、『beatmania』に代表される音楽ゲームをプレイして育った世代が20代を迎えた2000年代。わかりやすいジャンルで捉えることなく、シーンごとに洗練されたトラックを求めるという新たな音楽の楽しみ方が広がっている。その震源地となっているのがインターネット、そして秋葉原だ。

In 2000, a generation of internet-obsessed twenty-somethings that grew up watching Neon Genesis Evangelion and Cowboy Bebop and playing music video game ‘beatmania’ took over the reigns of Akihabara. A generation well-exposed to the mish-mash of anime and gaming music that covers a wide variety of genres, they started the ball rolling on an Akiba music movement which is now branching out worldwide.

クラブミュージックもアニソンも
フラットに聴くことが当たり前に

House music and anime songs

2007年の『ニコニコ動画』やボーカロイドの初音ミク、さらにはTwitterをはじめとするSNSの普及により、アニメ主題歌やゲームソングなどの聴かれ方が変容していく中、ハウス・テクノといったクラブミュージックとの融合に大きな役割を果たしたのが2009年に開店した秋葉原のクラブハウス「MOGRA」だ。2008年より開催されていた伝説的イベント「DENPA!!!(電刃)」でのプレイ歴のあるD-YAMAを店長に迎え、アニソンやインターネット発のアーティストのトラックを積極的に流し、ライブストリーミングサービスUstreamでの生中継を敢行することで、国内外のクラブシーンに衝撃を与えた。
2013年には、新木場のクラブ「ageHa」の4つのフロアすべてをジャックしたイベント「あきねっと」を開催。livetune(KZ)に代表されるような「MOGRA発」としても過言ではないアーティストも生まれている。D-YAMAは「クラブミュージックもアニソンも両方好き、どちらもフラットに聴くということが当たり前になってきた」と、「MOGRA」以降のシーンについてこのように話す。

In 2007, sites such as Nico Nico Douga carrying Vocaloid’s Hatsune Miku saw an explosion in anime and game song related content, expanding over to Twitter and spreading throughout social media like wildfire. The resulting trend towards a fusion with house and techno music saw the establishment of music clubs such as Akihabara’s ‘MOGRA’ in 2009, and an ensuing house and anime song craze swept clubs nationwide. Legendary Akihabara event ‘DENPA!!!’ welcomed infamous manager D-YAMA to the team in 2008, who succeeded to push for live streaming of anime songs and internet artists on website Ustream, broadcasting otaku culture far beyond Tokyo.
In 2013, event ‘Akinetto’ took over the entire four floors of ageHa nightclub in Shinkiba. Famous electronic unit livetune’s KZ famously traces his career beginnings back to MOGRA, and D-YAMA states “house music now goes hand-in-hand with anime songs”. The otaku musical revolution begins.

『Ustream』配信で
海外アーティストへの影響も

Ustream artists and their overseas influence

特に、『Ustream』で"AKIBA MUSIC”を発信してきたことにより、そのフォロアーが各地に拡散されていくことになった。「6年前にここの『Ustream』を聴いていた、という中学生がDJをはじめたり、お客として来るようにもなっている。世代も一巡していますね」とD-YAMAはいい、インターネットとの親和性が、サウンドやファンの新陳代謝をめまぐるしく促し続けていると強調する。
2015年には、待望のラウンジがオープンし、さらなる進化を遂げている「MOGRA」が見据えるのは海外への進出だ。「今では、日本のアニメの音楽をクールだと取り入れている海外のアーティストが増えていますし、逆にそれを受けてアキバのDJも洗練されてきている。それをMOGRAのパッケージとして、アメリカでイベントを開催してみたいですね」とD-YAMAは2020年の東京オリンピックを見据えた展開を睨む。あらゆるジャンルをミックスして化学反応を起こし続けている"AKIBA”の音楽が、世界を席巻するのは、そう遠い日のことではないのかもしれない。

Ustream artists broadcasting under the ‘Akiba music’ genre began to gain a following outside of Japan. “We also get people coming to us who saw our Ustream content six years ago in junior high school and decided to become DJs. It has impacted an entire generation”, says D-YAMA, stressing the power of the internet and its vital relationship with the otaku music trend.
This year, with the long-awaited opening of MOGRA’s lounge space, the club is now looking overseas for mutual inspiration. D-YAMA reflects: “Foreign artists who are inspired by Akiba music and view it as something cool and edgy are in turn giving new impetus to Japanese DJs. If we could eventually collaborate and create some kind of event abroad, for example in the US, then that would be a great achievement for otaku music.” With the Tokyo Olympics coming up, the boundary-breaking, genre-blending force of Akiba music is looking to further the otaku revolution worldwide.

MADE IN AKIHABARA

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN