各ブランドが、2016春夏のコレクションを発表している。ここ数年メイントレンドとして続いていたのは普通の服をバランスよく着る、「ノームコア」。一見地味な普通の服をオシャレに着こなす、気取らないスタイルがメンズ・レディース共に流行していた。

そんな「ノームコア」から一変、2016年は「タッキー」が流行ると言われている。「タッキー」とは、「悪趣味な」という意味である。海外コレクションでもボーダーとストライプや、上下プリント柄の組み合わせなど、悪趣味ギリギリとも言えるコーディネートが目立った。そんな中、日本のデザイナーズブランドもプリント柄のアイテムを続々と発表している。今回この「プリント」というワードにスポットを当て、2016年注目のドメスティックブランドを紹介する。

As various brands are in the process of unveiling their Spring/Summer 2016 collections, one prevailing trend of recent years has become remarkably clear. ‘Normcore’ - the notion of wearing plain and simple garments fashionably and effortlessly - has become a fundamental aspect of high street fashion and the epitome of modern style.

However, nothing in fashion stays predictable for too long. Taking a sharp turn, 2016 also brings with it the birth of ‘Tacky’ - stripes paired with bold patterns, colours clashing together in a glorious blend of so-wrong-yet-so-right style. The Japanese fashion industry is not one to skip a quirky trend, with print pieces all over the runways of 2016. We take a look at the domestic brands making waves this year with immaculately balanced ‘Tacky’ pieces.

PLASTICTOKYOプラスチックトーキョー

デザイナー今崎契助氏が手がけるPLASTICTOKYOは、2013年にデビューし、今シーズン初のランウェイショーを開催した。東京のストリートを反映したデザインは海外バイヤーからの評価も高く、OPENING CEREMONYを始めとする世界各地のセレクトショップが買いつけ、国内外ともに着々と販路を拡大している。

クリエイションレベルの高いグラフィックプリントを得意とするPLASTICTOKYOの2016年春夏は、野外音楽フェスで着用する服をアップデートすることがテーマだ。撥水、吸水速乾、接触冷感などのウェアラブルな生地を使用しており、実用的である事も特徴だ。

グラフィックは野外フェスの発祥とされている1960年代後半のアメリカのムードを取り入れており、カラフルなストライプ柄などが目立つ。

PLASTICTOKYO

Designer Keisuke Imazaki’s 2013 debut range ‘PLASTICTOKYO’ hosted its first runway this year. A vivid take on Tokyo street culture, the show opened to rave reviews from international buyers including Opening Ceremony, who will be installing the collection in its global branches. The domestic market has also followed suit, with PLASTICTOKYO’s meticulously designed graphic prints sweeping the nation’s select shops.

The 2016 Spring/Summer collection is an updated take on the outdoors music festival look, taking inspiration from the late 1960’s. The brand prides itself on its ‘practicality’ - the fabric is breathable and quick drying, giving it the sort of futuristic gleam and streamlined efficiency that is so typical of Tokyo.

divkaディウカ

デザイナー田中崇順氏とパタンナー松本志行氏によるdivkaは、2011年よりデザインチームとして設立され、ファッションを通して様々なプロジェクトを展開している。
2012年には新人デザイナーファッション大賞プロ部門にて支援デザイナーに選出され、東京都知事賞を受賞した。

2014年には、NOT JUST A LABELより世界各国より選出された最もイノベイティブ100ブランドのひとつとして、イタリア/ヴィチェンツァで開催されたORIGIN passion & beliefs展に招待されている。

そして今回初となるショーは“un-form”がテーマだ。破損した写真のデータが組み合わされ、一枚の写真として復元されてしまうというアクシデントがきっかけとなっている。被写体はもちろん、時間や場所や大きさも異なったいくつかの写真が組み合わさったものは、遠目に見るとあたかも一つの模様のように映る。製作過程における、そういった偶発的な出来事から発想された今回のコレクションは、部分と部分の境界を曖昧にすること、一つのパターンでそれら全てを表現することを試みている。

大胆かつ繊細な日本のプリントアイテム。クリエイションの原点には日本らしさや東京らしさがある。今シーズン初めてショーを開催したこの2ブランドのように、海外展開へ向けて意欲的な若いブランドにとって、この「東京らしさ」は大きな武器になるだろう。

divka

Designers Takayuki Tanaka and Motoyuku Matsumoto joined divka in 2011, transforming the brand into a creative house moving beyond just the borders of fashion. As well as being crowned the Tokyo division of the Newcomer Designers Award in 2012, divka was also introduced as one of the Top 100 Most Innovative Global Brands at Vicenza Italy’s ‘ORIGIN passion & beliefs’ show, courtesy of ‘NOT JUST A LABEL’.

This year’s collection goes by the theme of ‘un-form’ - taking damaged photo data and restoring them into a mish-mash of ‘accidental’ art. Whilst all the photos are taken in different places with different colour schemes, sizes and subjects, when arranged together and viewed from afar, they appear to resemble one picture. Seemingly accidental, yet perfectly chaotic - it’s an ambiguous concept reflective of Japan’s delicate sensitivity towards art in flow with nature.

Both brands are taking control of the ‘Tacky’ trend in true Japanese style and in turn gaining widespread international attention. You heard it here first - 2016 is looking to be the year of the Japanese print.

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN