14 Till I Die vol.20:霜顕伍さん(21) 大学生の音楽

14歳の時によく聴いていた音楽が、その後の音楽の好みに最も重要な影響を与えるという研究結果が、2018年2月ごろNY Timesで発表され話題になりました。 ※https://www.nytimes.com/2018/02/10/opinion/sunday/favorite-songs.html
それを受け、著名人から一般人まで、様々な人に聞いてみよう!という本連載企画。

今週は長身かつイケメンの男子大学生。12歳でYoutubeが存在したことに大きな衝撃を受けています。それでは語っていただきましょう。
※この連載の記事一覧ページはこちら

プロフィール画像

Birth:1997 / Gender:男性

大学生

霜 顕伍

横浜の大学生です。今ハマっていることは、タピオカと漫画喫茶です。

Age 14 / 2011
アゲイン2 / ゆず



ゆずを知り楽曲を聴き始めたのは12歳の頃、私の姉が好きだったことがきっかけでした。それまでも、姉が聴いている曲が私の聴いてる曲であり、姉の影響をかなり受けていたような記憶があります。

ある日姉がゆずを聴いている時に勧められたのが最初のきっかけであり、その後は自分でYoutubeを聴いているうちにどんどん好きになっていきました。彼らの歌詞やメロディ、雰囲気にどこか魅了されたのだと思います。
それまでの私はまさにミーハー丸出しで、ドラマやアニメの主題歌になった曲をTSUTAYAで借りてきては家で聴くのがお決まりのパターンでした。当時AKB48や嵐などが流行り、流されやすい僕は当然これらにもハマっていました。
しかし、なぜ周りで誰も好きなアーティストとして挙げなかったゆずにハマったのかを考えると、14歳の自分なりに歌詞を大事にするようになったからなのだと思います。

彼らの歌詞はどこか背中を押してくれ、自分が応援されているような気持ちになれる、とても大切なものでした。彼らを知ることで、音楽を聴く上で歌詞を大切にするようになり、その後聴くアーティストでも歌詞が素敵な人たちを中心に聴くようになりました。

14歳の時、音楽の力、素晴らしさを学ぶことができたのも、ゆずがいてくれたからなのだと思っています。

Age 20 / 2018.10.01
ソラニン / ASIAN KUNG-FU GENERATION



spotifyに出会って、これで色々なアーティストの曲が聴ける!と思ったこともありましたが、聴いている曲は昔とあまり変わらず、相変わらず昔懐かしい曲を聴く日々を過ごしております。

ここ最近聴くようになった彼らの曲はspotifyでたまたま見つけたのが出会いでした。もともと少し楽曲を知ってはいたのですが、改めて聴いてみると彼らの歌い方が非常にかっこよく、歌詞もとても良いのですっかりハマってしまいました。
聴いているとどこか心が揺さぶられるような、ワクワクするようなメロディも好きなのですが、1番は彼らの歌い方です。自分は、自らが抱えている思いのようなものを歌に込め、それを一生懸命に歌うことに対してどこか憧れの気持ちを持っていて、彼らのように自分を表現して人を感動させることができる人に対して心を打たれる傾向があります。

一方で、いまでもゆずは聴いていて、辛い時や苦しい時に背中を押してもらっています。彼らがいなかったら自分はいないと思えるぐらい好きで、感謝してもしきれません。

#AGE14

関連記事はありません。There are no related articles.

MOST POPULAR

LOGIN