Z TOKYO Articles

Z TOKYO
17.Jul.2016 Sun - 29.Jan.2017 Sun
11:00 open

Nam June Paik's exhibition, 'Who will be laughing in 2020? ? + ? = ??'.

1960年に世界初のビデオアート作品を発表するなど、メディアと芸術を融合・創造し、ビデオアートの父として知られる現代美術家、ナムジュン・パイク。2006年に逝去後も多くのアーティストたちに影響を与え続けている偉大な存在を、作品と共に改めて振り返る展覧会が開催。1970年代~90年代にかけて発表したインスタレーション、ビデオ、ペインティング、ドローイングなど約230点が展示される。常に革新的な作品を創造し続けたその精神性を、展示を通してZTOKYO世代にも体感してほしい。

名称:没後10年 ナムジュン・パイク展「2020年 笑っているのは誰?+?=??」
日時:前半2016年 7 月17日(日)~10月10日(月・祝)/後半2016年10月15日(土)~2017年1月29日(日)11:00~19:00(毎週水曜日は21:00まで延長)
※月曜日(7/18、9/19、10/10、12/5・12・19・26, 1/9は開館)、10/11〜10/14と12/31〜1/3は休館
場所:ワタリウム美術館
料金:大人¥1000 学生(25歳以下)¥800
チケット情報:※前半のチケットの提示で、後半のチケットが300円割引になります
※各割引の併用はできません
場所:ワタリウム美術館
The godfather of video art responsible for the world's first ever video installation piece in 1960, Nam June Paik has continued to influence the art world far beyond his death in 2006. Now an exhibition looking back at his life's work will take place in Tokyo, with over 230 installations, paintings, drawings and videos on display. It's a once in a lifetime opportunity to come face to face with his historic work.

Event name: 10 years on from the death of Nam June Paik, 'Who will be laughing in 2020? ? + ? = ??'
Dates: First instalment: 17th July - 10th August 2016. Second instalment: 15th October 2016 - 29th January 2017.
Times: 11:00 - 19:00 (Wednesdays extended to 21:00)
Place: Watarium Museum of Contemporary Art
Cost: Adult - ¥1000, Student (under 25) - ¥800
Tickets: ¥300 discount when bought in advance
@ Watari-Um Museum
VIEW DETAILS

LOGIN